ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域保健課 > エイズを正しく知っていますか

エイズを正しく知っていますか

2011年11月4日
 

エイズを正しく知っていますか?             いま わたしたちにできること・検査相談

HIV抗体検査を受けたかたからのメッセージ      HIV抗体(エイズ)検査

エイズを正しく知っていますか?

エイズってどんな病気?

 エイズは,HIVというウィルスに感染しておこる病気で,免疫力が失われ,様々な病気にかかりやすくなることをいいます。

 感染しても約10年間は無症状の期間が続きます。感染を知らずに性交渉を続けることで感染が拡大しています。

 早期に感染がわかり,適切なケアを受ければ発病を抑えることもできます。感染したかどうかはHIV抗体検査でわかります。

限られた感染経路  ━考えて行動を━

 HIVは,感染している人の血液・精液・膣分泌液の中にいます。 その感染は,性行為によるものがほとんどです。

 HIVに感染するのを防ぐには,HIVのいる精液や膣分泌液が直接体内に入らないように,ペニスを膣や口や肛門に挿入する場合は,コンドームを使用し,セーファー(=より安全な)セックスを実行することです。

 言い方を替えると,セックスや注射器の共用をしない限り感染はしません。また,1回でもコンドームを使わないセックスをしたことのある方は,感染している可能性があります。 ぜひ1度,HIV検査を受けてみてください。

HIV簡易チェック セックスした(オーラルセックス・アナルセックスを含む)ただ一人の相手でたった1回のセックスでも感染の可能性はあります。・コンドームを使わなかった ・コンドームを途中から使った ・コンドームを使ったかどうか分からない ・注射・麻薬などの回し打ちの経験がある ・一個でもチェックが入った人は保健所でチェックを受けましょう

「ただ一度の経験」の背後には  カレシの元カノの元カレって??? パートナーが別の人とセックスしていれば,どこかでHIVをもっている人につながっているかもしれません。性のネットワークについて考えてみて!!

いま わたしたちにできること

 日本では,残念なことに,いまだにエイズ患者やHIV感染者に対する差別や偏見が残っているのではないでしょうか?
 正しく理解したうえで,他の病気と同じように接することが,いま わたしたちにできることです。
 そして,HIV・エイズなどの性感染症から自分の身を守る・性の健康管理を実行することも,わたしたちにできることです。
 今後,HIVに感染するかしないかは,あなたの性生活習慣によって決まります。誰とセックスするか,コンドームを使うかどうかは自分で決定できることです。
 検査を受けることも,あなた自身の身を守り,あなたの大切な人を守るためにも,何ができるか考えてみてください。

高知市保健所 エイズ専用電話相談

 HIV・エイズに関する相談,検査に関するお問い合わせはエイズ専用電話をご利用ください。専門の相談員がご相談に応じます。また相談内容など,プライバシーは確実に守られます。

  • 電話 088-822-0477
  • 受付時間 月から金 8時30分から12時00分,13時00分から17時15分

エイズに関する詳しい情報