ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 点字図書館 > 「すばる」2018年1月号Html版

「すばる」2018年1月号Html版

2018年1月13日

行事や教室などのお知らせ、お役立ち情報や図書案内を、点字、活字、カセットテープ、デイジー版で作成し、ご希望の方にお送りします。

高知点字図書館広報誌「すばる」 2018年1月号 通算296号

目次
☆こーてん掲示板 1ページ
☆視覚障害者向け機器展示室 ルミエールサロン便り 4ページ
☆新刊図書紹介
録音図書:デイジー図書(1から7) 7ページ
マルチメディアデイジー図書(8から10) 7ページ
点字図書(15から40) 8ページ
☆読書のすすめ
録音図書(41から60) 12ページ
点字図書(61から80) 15ページ
☆サピエ オンラインリクエスト ベスト5 19ページ
☆雑誌のご案内 19ページ

1ページ
こーてん掲示板
注:「こーてん」とは「高知点字図書館」の略称です。

高知点字図書館へのご連絡は,電話・ファックス・メール・郵便でお受けします。
電話:088-823-9488 ファックス:088-820-3218
メールアドレス:kc-120200@city.kochi.lg.jp
郵便番号:780-0842 住所:高知市追手筋2丁目1-7

[重要なお知らせ]
★点字図書館臨時休館のお知らせ
2月19日(月曜日)から2月23日(金曜日)までオーテピアへの事務室等移転に伴い臨時休館いたします。そのため,図書の貸出及び対面音訳等の業務もお休みさせていただきます。また,電話も不通となることがあります。ご不便をおかけしますが,ご理解・ご協力をお願いいたします。
なお,市民図書館本館・分館・分室も同期間臨時休館します。

★平成30年度オーテピア開館前の休館等について
現在の仮設図書館にあります市民図書館本館及び点字図書館は,平成30年7月24日のオープンを予定しております新施設オーテピアの開館準備のため,同年7月1日からオーテピア高知声と点字の図書館開館までの間,休館させていただいくこととしております。
なお,対面音訳については,この休館中につきましても7月20日までの間,仮設図書館内の点字図書館において引き続き対面音訳サービスを実施いたします。

☆県立図書館から休館のお知らせ
高知県立図書館は,平成30年7月24日開館予定のオーテピア高知図書館の準備のため,以下の期間休館させていただきます。利用者の皆様には,休館期間中ご不便をおかけいたしますが,よろしくお願いいたします。
<休館期間> 平成29年12月29日からオーテピア高知図書館開館まで
また,休館中の対面音訳については,別の場所を借りて行います。
1月5日金曜日から7月20日金曜日の期間は,高知県立大学附属の永国寺図書館2階のグループ学習室を1室借りて行います。3月1日頃からは,高知点字図書館の1階閲覧室に増設する仮設対面音訳室も借用予定です。
予約のご連絡は,休館中も引き続き県立図書館が行いますので,詳しくは高知県立図書館(電話 088-872-6307)まで,お問い合わせください。

[休館日]
1月10日から2月28日までの休館日は,毎週月曜日と1月20日(土曜日),2月11日(日曜日),19日(月曜日)から23日(金曜日)です。

[開館時間]※休館日を除く
火曜から土曜:9時半から17時まで  日曜:9時から12時半まで

[点字図書館からのお知らせ]
1.郵送袋返却のお願い
年末年始の貸出に伴い,郵送袋が不足しております。お手元に郵送袋が残っている方がいらっしゃいましたら,ご返却いただきますようお願い申し上げます。皆様のご協力を,よろしくお願いいたします。

2.「すばる」をメールでお送りします
「すばる」をメールでご希望の方は,テキストデータまたは点字データでお送りできますのでお知らせください。

3.「JBニュース」の送付・配信
「JBニュース」…日本経済新聞などの新聞情報のダイジェスト記事や,日盲連独自に取材した福祉情報などを,点字郵便または電子メールでお届けしております。ご希望の方は,お知らせください。無料です。

4.高知市広報「あかるいまち」について
高知市広報「あかるいまち」のデイジー版ご希望の方は,広報係(電話823-9446),または点字図書館までお知らせください。

5.点字図書の寄贈を受けました
平成福祉専門学校から下記点訳絵本3冊の寄贈を受けました。ご利用をお待ちしています。
1.ちょっとだけ 2.いろいろおてがみ 3.いちばん しあわせな おくりもの

6.職員の異動
臨時職員 退職:田内(1月6日付け)

[関係機関・団体等からのお知らせ]
★視覚障害サポートステーションこうち「新年のご挨拶と月例会のご案内」
謹賀新年
サポステあいは視覚障害の方々が安心して働ける場を目指して昨年7月にオープンしました。そして、1月に高知市の認可を受け、就労継続支援B型事業所「てとてあさひ」としてスタートしました。作業内容はマッサージ・点字印刷作業・軽作業です。送迎も行っています。働いてみようかなと思われている方は見学も可能です。ご支援ご協力をよろしくお願いします。

2月の月例会のご案内
日時:2018年2月4日 11時から12時30分
場所:タウンモビリティーふくねこ(京町商店街内)
内容:ふくねこ事業の説明とボランティアとの交流
*待ち合わせは10時50分にはりまや橋交差点の北東角の浜幸(はまこう)前です。
*その後、ランチを食べに行きたいと思います。

○問い合わせ・参加申し込み
視覚障害サポートステーションこうち(サポステあい) 代表 井上 芳史
〒780-0938 高知市旭駅前町31(旧山脇整形外科)
電話 088-881-0575

5ページ
視覚障害者向け機器展示室 ルミエールサロン便り「ルミエールからこんにちは」

すばるの読者の皆様,新年あけましておめでとうございます。高知市障がい福祉課西岡です。本年もどうぞよろしくお願い致します。
平成30年は戌年です。戌年は「分岐点」「新しい発見」などの年といわれているようですが、毎日を明るい気持ちで過ごしたいものですね。
さて、戌年ということもあり、今回は、盲導犬について書かせていただきます。
目の不自由な人が犬と歩くことは、古い昔からあったようです。火山噴火で有名なポンペイ(イタリアナポリ近郊にあった古代都市)の遺跡からは目の不自由そうな人が犬と歩く姿が描かれた壁画が見つかっています。
1819年、ウィーンのヨハン・ウィルヘルム・クライン神父はその著書の中で、目の不自由な人が安全に歩くための方法として犬の首に杖のようなものをつけた歩き方を取り上げています。
現在のような盲導犬の訓練が取り組まれるようになったのは、第一次世界大戦後のことです。傷痍軍人が増えたことがきっかけとなり、1927年頃のドイツ国内では、4000人もの盲導犬ユーザーがいたと言われています。
日本で盲導犬の訓練が始まったのは、第二次世界大戦後です。
(財)アイメイト協会の創設者塩屋賢一さんは、試行錯誤の末、日本人として初めて盲導犬の訓練に取り組みました。そして、1957年(昭和32年)、ジャーマン・シェパード犬チャンピィを盲導犬として訓練することに成功し、チャンピィの所有者である河相洌(かわいきよし)さんが国産第一号の盲導犬ユーザーとなりました。
現在、日本全国には950頭(平成29年11月現在)の盲導犬が活躍しており、高知県には9頭の盲導犬がいます。
盲導犬は街中の障害物を回避し、階段や段差、交差点などの曲がり角を教えてくれます。
しかし、盲導犬はカーナビゲーションのように道案内をしているわけではありません。盲導犬ユーザーの指示で動きます。盲導犬にハーネスという道具を体につけることで、盲導犬の体の動きが盲導犬ユーザーに伝わります。
ハーネスは、盲導犬の体に付ける白または黄色の胴輪のことで、安全に歩くための重要な情報を与えてくれる道具です。
例えば盲導犬は道の左側によって歩き、左に曲がる道が出てきたら左の方に体を向ける、ぶつかりそうなものをよける、階段や段差のあるところで止まるなどの動きをします。その動きがハーネスから伝わり、さらに周りから聞こえる音、匂い、風の動きなどいろいろな手がかりを使って、盲導犬ユーザーが指示を出して歩いているのです。
つまり、視覚障害者が盲導犬と安全に歩くために必要なことを勉強して初めて盲導犬が誕生するのです。 
その為、盲導犬を持つことが決まると盲導犬の訓練センターに約4週間宿泊して、盲導犬と共に訓練を受けることが必要になります。
約4週間の訓練の中で、ハーネスを持って盲導犬と歩くこと、盲導犬に対する指示の仕方、盲導犬の動きから判断する方法など盲導犬と歩く上で必要なことを実技と講義で習得します。また、犬をコントロールする方法や食事・排せつなどの世話の仕方、健康管理の方法など盲導犬と過ごす上で知っておくべきマナーや知識についても勉強します。
現在、日本で盲導犬育成事業を行っているのは、9つの法人です。
この9つの法人は、公益法人または社会福祉法人で、しかも国家公安委員会の指定を受けた法人です。個人が勝手に盲導犬の訓練をすることはできません。
盲導犬の申請等については、高知県障害保健福祉課(電話:088-823-9633)、高知県身体障害者連合会(電話:088-872-9497)にご相談ください。
また、盲導犬についてもっと詳しく知りたいという方は、盲導犬について書かれた書籍がありますので、是非点字図書館にお問い合わせください。

<ルミエールサロンの利用方法>
ご見学希望の方は、必ず事前にお電話をください。
留守番電話になることが多いので、お名前、連絡先を録音していただければ、折り返し連絡をさせていただきます。
ルミエールサロンでは、ご自宅に相談員が訪問する事もできます。出張費や利用料はありませんので、お気軽にお問い合わせください。

開設日:月曜日から金曜日 9時から17時
場所:高知市大膳町6-32(高知県立盲学校内)
見学ご希望の方は、居住地によって申し込み先が異なります。
(1)高知市の方は、高知市障がい福祉課
電話:088-823-9378【担当:西岡・須藤・渋谷(しぶや)】
(2)高知市以外の方はルミエールサロン
電話:088-823-8820【担当:金平(かねひら)・日浦(ひうら)】

7ページ
<1月 新刊図書紹介> 前月に新しく蔵書にした図書を紹介します
[録音図書] 
●デイジー図書 ※1から7まで
☆高知点字図書館生産図書
1の1 世界名作ショートストーリー1 モンゴメリ 白いバラの女の子 
モンゴメリ 著 代田(だいた) 亜香子(あかこ) 訳/理論社/3時間21分/堀内 隆代(たかよ) 音訳・編集/谷本 朋子・森岡 富子 校正
長編小説「赤毛のアン」をはじめ,アンを主人公にした連作シリーズで知られるカナダの小説家モンゴメリの短編集。「白いバラの女の子」ほか,全10編を収録する。

1の2 「カエルの楽園」が地獄と化す日 
百田(ひゃくた) 尚樹  石(せき) 平(へい) 著 /飛鳥新社/8時間33分/須藤(すとう) 和子 音訳・編集/土居 孝子・尾原 弥生 校正
軍艦,戦闘機の次に,中国はどんな手を打ってくるか。百田尚樹と石平が,中国が日本侵略を企む理由や,チベット・ウイグルにおける恐ろしい支配の実態などについて語り合い,最悪の日本侵略シナリオをシミュレーションする。

☆寄贈・委託図書

1の3 仮面パパ  森 浩美 著 42分
1の4 漱石・海舟・耕筰 百年の思い  夏目 漱石・勝 海舟・山田 耕筰 著 5時間2分
<厚生労働省委託>
1の5 コルベ[人と思想]  川下 勝 著 7時間49分
1の6 ペスタロッチ[人と思想]  長尾 十三二(とみじ)・福田 弘 著 6時間49分
1の7 津田 梅子[人と思想]  古木(ふるき) 宜志子(よしこ) 著 8時間38分

[マルチメディアデイジー図書] ※8から10まで
☆寄贈・委託図書
<厚生労働省委託図書>
1の8 そらいろ男爵  ジル・ボム 文 中島 さおり 訳 19分
1の9 わたしが正義について語るなら  やなせ たかし 著 3時間32分
1の10 成功と失敗 哲学のおやつ  ブリジット・ラベ ミシェル・ピュエシュ 著  西川 葉澄 訳 1時間13分

[点字図書] ※15から40まで
☆高知点字図書館生産図書
1の15 家庭内捨て子物語
入江 健二 著 高山 啓子 画/論創社(ろんそうしゃ)/全3巻/稲垣 好美 点訳/岡田 英子・宮田 和代 校正
幼いころから“できの悪い子”と言われ続けた二郎。将来への夢と父への反発心を胸に秘め、やがて二郎は人一倍正義感の強い大人へと成長していく…。虐待を受け、人知れず深い心の傷を抱える子どもたちへの温かな応援歌。

1の16 奇跡の歌 戦争と望郷とペギー葉山
門田 隆将(りゅうしょう) 著/小学館/全6巻/横山 節子 点訳/三宮 禮子・田内(たのうち) 路子(みちこ) 校正
ペギー葉山の代表曲「南国土佐を後にして」のルーツは、戦争中に中国戦線の兵隊たちによってつくられた「南国節」にさかのぼる。高知県生まれの著者が取材をもとに、戦争と望郷が生んだ奇跡の歌の物語を辿る。

1の17 剣客(けんかく)商売全集 別巻
池波 正太郎 著/新潮社/全13巻/高橋 明夫 点訳/手島 博子・山田 裕子(ゆうこ) 校正
池波正太郎の代表作である時代小説『剣客商売』。今回は1992年発行の全集別巻、「黒白(こくびゃく)」を収めたものである。

1の18 3.11を心に刻んで 岩波ブックレットNo.963
岩波書店編集部 編/岩波書店/全2巻/笹岡 由芳(ゆか) 点訳/藤田 久子・小野 ちづる 校正
さまざまな執筆者が、過去から蓄積されてきた言葉をひき、その言葉に3.11への思いを重ねて綴る。2016年3月~2017年2月の岩波書店ホームページでの連載と、『河北新報』連載企画などを単行本化。

1の19 死ってなんだろう。死はすべての終わりなの? 10代の哲学さんぽ 7
フランソワーズ・ダステュール 文 アンネ・ヘムステッヘ 絵 伏見 操 訳/岩崎書店/全1巻/原 誠子 点訳/藤田 久子・宮田 和代 校正
どうして人は死ぬの? 人類は大昔から「死」の正体を解き明かそうとしてきました。「死」のさまざまな側面が見えてくる、哲学者たちの考えを紹介します。じっくり死について考えてみましょう。

1の20 死にゆく人のかたわらで ガンの夫を家で看取った二年二カ月
三砂(みさご) ちづる 著/幻冬舎/全3巻/檀 庸子(のぶこ) 点訳/宮川 郁子・鎮西 康子 校正
「末期ガン。余命半年」の宣告。「最後まで家で過ごしたい」と願った夫と、それをかなえたいと思った妻。満ち足りて逝き、励まされて看取った2年2カ月の記録。『PONTOON(ポンツーン)』連載を書籍化。

1の21 新八犬伝 承
石山 透(とおる) 著/KADOKAWA/全3巻/田内 路子 点訳/横山 節子・太田 孝子 校正
犬田小文吾(いぬたこぶんご)は旅の途中、悪女舟虫(ふなむし)の計略に落ち捕えられてしまう。そこへ助けに現れたのは人気女田楽一座の花形美女、旦開野(あさけの)。実は女装の若武者、犬阪毛野(いぬざかけの)で…。「南総里見八犬伝」を大胆に解釈した伝説の人形劇を完全小説化。

1の22 その時までサヨナラ
山田 悠介 著/河出書房新社/全4巻/宮田 和代 点訳/横山 節子・村上 奈美 校正
旅先で妻子が遭遇した列車事故。仕事のことしか頭にない悟は、遺された息子を義理の両親に引き取らせるつもりだった。ところが、妻の親友が現われ、事態は思いがけない方向へ…。スピンオフ「その後の物語」も収録。

1の23 秋(とき)のしずく 敗戦70年といま 高知新聞取材班
高知新聞社編集局 企画・編集/高知新聞社/全6巻/横山 節子 点訳/細美 淑子・久保 佐紀 校正
戦争体験を聞く。教訓を受け継ぐ。次代の者が最期の証言者から学ぶべきことは何か。本書がそれを教える。

1の24 兵器と大学 なぜ軍事研究をしてはならないか 岩波ブックレットNo.957
池内 了(さとる) 小寺 隆幸 編/岩波書店/全2巻/鎮西 康子 点訳/西原 秀樹・小野 ちづる 校正
2015年度から公募が始まった「安全保障技術研究推進制度」により、大学で軍事研究が公然と開始された。「軍学共同」が大学や研究機関に及ぼす悪影響や、応募をしないことを決めた大学の見解などを紹介する。

☆寄贈・委託図書
1の25 ジャングル・ブック  キプリング ラドヤード 著 三辺 律子 訳/岩波書店/全4巻

1の26 さわって学ぶ仏像の基礎知識  和歌山県立図書館 編/和歌山県立博物館施設活性化事業実行委員会/全1巻

1の27 私たちの税金 点字広報誌 平成29年度版  国税庁広報広聴室 大蔵財務協会 編/全1巻

1の28 犯罪被害者白書 概要版 平成28年版  国家公安委員会 警察庁 編/全1巻

1の29 高齢社会白書 概要版 平成28年版  内閣府政策統括官 編/全2巻

1の30 福祉行政報告例の概況 平成27年度  厚生労働省政策統括官付参事官付行政報告統計室 編/全1巻

1の31 京都さんぽ ド?定番から予想外まで東西南北みっちりと  散歩の達人MOOK編集部 編/交通新聞社/全3巻

1の32 ことだま百選  東京都杉並区立天沼中学校 編/講談社/全2巻

1の33 発信力の育てかた ジャーナリストが教える「伝える」レッスン  外岡(そとおか) 秀俊 著/河出書房新社/全2巻

1の34 なぞなぞうさぎのふしぎなとびら  やえがし なおこ 著/岩崎書店/全1巻

1の35 ぼくのお母さんを殺した大統領をつかまえて。 人権を守る新しいしくみ・国際刑事裁判所  アムネスティ・インターナショナル日本国際人権法チーム 編/合同出版/全3巻

1の36 世界一の三人きょうだい  メプス グードルン 著 はたさわ ゆうこ 訳/徳間書店/全1巻

1の37 <内科・オバケ科ホオズキ医院> タヌキ御殿の大そうどう  富安 陽子 著/ポプラ社/全1巻

1の38 Q&A障害者差別解消法 わたしたちが活かす解消法みんなでつくる平等社会  野村 茂樹 池原 毅和(よしかず) 編/生活書院/全4巻

1の39 点字ブロック50年のあゆみ  岡山ライトハウス 編/全1巻

1の40 障害福祉のしおり  高知市健康福祉部障がい福祉課 編/全1巻

12ページ
読書のすすめ

最近完成した他館製作のものを中心に、サピエ図書館からお勧めの録音・点字図書各20冊をご紹介します。タイトル、著者、資料種別、巻数[デイジー図書は録音時間]、内容の順です。点字・デイジー等別媒体がある場合は表示しています。読みたい本がありましたら取り寄せます。デイジー図書はデータをダウンロードして、すぐに貸出できます。お気軽にご連絡ください。

【録音図書】[41から60まで]
1の41 盤上の向日葵  柚月 裕子 著 デイジー 13時間51分
実業界の寵児で天才棋士。男は果たして殺人犯なのか!?叩き上げ刑事・石破と、かつて将棋を志した若手・佐野の凸凹コンビは真冬の天童市に降り立つ。果たしてその先で二人が目撃したものとは!?日本推理作家協会賞作家が描く、渾身の将棋ミステリー!

1の42 暗手  馳 星周 著 デイジー 10時間59分
殺しを重ね、いつしか暗闇から伸びてくる手「暗手」と呼ばれるようになった加倉。逃れ着いたイタリアで、裏社会が牛耳るサッカー賭博を依頼されるが、愛した女の記憶がよみがえり…。『小説野性時代』連載に加筆し単行本化。

1の43 旭日の代紋  鳴海 章 著 デイジー 9時間41分
暴力団組長殺害の容疑者として浮上した2人の中国人を内偵中に、刑事は相棒を失う。警察組織との繋がりを察知した彼は、孤立無援での復讐を決意し…。

1の44 淡雪の記憶 神酒クリニックで乾杯を  知念 実希人 著 デイジー 11時間48分
会員制医院「神酒クリニック」の顧客から、意識のない女の診察依頼が。彼女はなんと記憶喪失。けれど突然「爆弾が爆発する」と呟き…。天才的な洞察力で人の心を見抜く精神科医の天久翼は、彼女の記憶を取り戻すことに…。

1の45 ピエロがいる街  横関 大 著 デイジー 8時間39分
比南子はスローガン「会いに行ける市長」を掲げる宍戸市長の秘書。しかし兜市は財政難で、市民の小さな願いごとを叶える余裕はない。そこに、市民の悩みを解決するピエロが現れ…。謎が謎を呼び大騒動になる、横関大の真骨頂!

1の46 ホライズン  小島 慶子 著 デイジー 12時間52分[点字あり]
真知子は海外企業に職を得た夫と共に南半球へ移住。娘を出産し、新生活が始まった。小さな異国の街に暮らす日本人達のコミュニティには、夫の職業や住む場所によって暗黙のヒエラルキーが築かれていた。女性が「生きる」ことに正面から向き合った傑作長篇。

1の47 知らない記憶(こえ)を聴かせてあげる。  石井 颯良 著 デイジー 8時間20分
清澄白河にある音谷反訳事務所の店主・久呼は「個人宛てのテープは起こさない」という信条を持っていた。ところが新たな依頼は、トラウマを抱える青年の亡き叔父の遺稿を起こして欲しいというもので…。

1の48 魔法使いのハーブティー  有間 カオル 著 デイジー 9時間23分[点字あり]
親を亡くし、親戚中をたらいまわしにされる少女・勇希は、横浜の可愛いカフェのオーナーをつとめる伯父の家に身を寄せることに。同居にあたって勇希は、「魔女の後継者として魔法の修行に励むこと」を約束させられ…。

1の49 幻影たちの哀哭  直原 冬明 著 デイジー 10時間9分
昭和17年5月、横須賀海軍工廠への空襲による負傷から復帰した亀島伊介海軍一等兵曹は、軍令部特別班への転属命令を受ける。ディーゼル機関の整備の腕だけが自慢の彼を待っていたのは、畑違いの防諜活動だった…。

1の50 裏関ヶ原  吉川 永青 著 デイジー 9時間4分
東軍か西軍か、徳川か豊臣かなどは関係ない。ただ己の意地と志、そして野心のために-。黒田如水、真田昌幸、最上義光ら、全国で戦った武将たちの関ケ原を描いた短編集。『小説現代』掲載に書き下ろしを加えて書籍化。

1の51 今ひとたびの、和泉式部  諸田 玲子 著 デイジー 12時間40分
優れた歌人として、また藤原道長から「うかれ女」と呼ばれ、恋多き女として語られる和泉式部。しかし、そこには切ないわけが…。謎多き和泉式部の生涯を、新たな視点から描いた長篇歴史小説。『小説すばる』連載を単行本化。

1の52 俳句と暮らす  小川 軽舟 著 デイジー 5時間34分
俳人にして単身赴任中のサラリーマンでもある著者が、「飯を作る」「会社で働く」「妻に会う」など様々な場面を切り取りつつ、俳句とともに暮らす生活を提案する。平凡な日常をかけがえのない記憶として残すための俳句入門。

1の53 江戸の売春  永井 義男 著 デイジー 6時間50分
遊里は、吉原だけではない。下級武士や庶民は、吉原以外の場所で性を満喫していた。岡場所や夜鷹から比丘尼、芸者まで、当時の文献を調べ尽くし、はじめて江戸の性愛の実態を描いた「江戸の遊里・遊女大全」。図版多数収録。

1の54 経済は地理から学べ!  宮路 秀作 著 デイジー 7時間23分
なぜトランプ大統領はTPPから離脱するのか? 日本とロシアの「接近」を示す2つの資源とは…? 経済をより深く理解するために、地理からアプローチしやさしく解説した、「教養としての経済学」入門書。
   
1の55 森は怪しいワンダーランド  田中 淳夫 著 デイジー 7時間7分[点字あり]
森林セラピーで高血圧? 南の島で残留日本兵を見た? 森オタクである著者が森で遭遇した不思議な体験や仰天した出来事、遭難などのトラブルにみまわれて難渋した体験、森に関する怪しい常識や似非科学などを綴る。

1の56 幻の黒船カレーを追え  水野 仁輔 著 デイジー 7時間56分
会社を辞め家族を残して、男は謎のルーツを探る旅に出た。4年をかけ、インド、イギリス、ドイツ、アイルランドで悪戦苦闘!果たして150年前の一皿は見つかるのか!?真面目×爆笑×感動、前代未聞の傑作カレーライスノンフィクション!

1の57 京都に行く前に知っておくと得する50の知識  柏井 寿 著 デイジー 5時間15分
移動手段は「地下鉄」「バス」? ひと休みするなら「コーヒー」「日本茶」? 生粋の京都人にして、京都を舞台に描く小説家・名エッセイストが、旅行者が迷うポイントをスッキリ解決する。データ:2016年9月現在。

1の58 視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ  深作 秀春 著 デイジー 8時間18分[点字あり]
近視、老眼、メガネ、コンタクト、白内障、緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病性網膜症、網膜剥離、レーシック…。世界的トップ眼科医が、眼に関する日本の非常識、時代遅れを斬る! 併せて最善の治療方法を解説。

1の59 赤ちゃんの科学 ヒトはどのように生まれてくるのか  マーク・スローン 著 早川 直子 訳 デイジー 18時間31分 
なぜヒトのお産はたいへんなのか、出産経験のある女性が分娩室に付き添うだけでお産の「質」が向上するのはなぜか。出産と新生児のフシギについて、自身の体験もまじえつつ、医学、歴史、生物学、社会学などの側面から描く。

1の60 アメリカを動かす「ホワイト・ワーキング・クラス」という人々  ジョーン・C.ウィリアムズ 著 山田 美明 井上 大剛 訳 デイジー 8時間10分
トランプ政権誕生の原動力となった白人労働者層の怒りと絶望、エリートへの恨み…。アメリカ社会の問題を解説し、深刻化する格差問題の根本に切り込む。

15ページ
【点字図書】[61から80まで]
1の61 家をせおって歩いた  村上 慧 著 7巻
東日本大震災をきっかけに「このまま日常を続けていいのか?」と疑問を持ったアーティストの村上慧。発泡スチロールの家を担ぎ、日本国内を移動しながら生活した369日の記録。著者ウェブサイトの日記を書籍化。

1の62 戦始末  矢野 隆 著 3巻 [デイジーあり]
この負け戦の始末、俺がつけてやる。関ヶ原で体勢が決しながら敵前突破を図った「島津の退(の)き口」。窮地に陥った織田信長を救い、秀吉の出世の足がかりとなった戦国のオールスター殿戦「金ケ崎(かねがさき)の退(の)き口」…。負け戦―しんがりでどう振る舞えるかで男の価値は決まる。戦国で最も過酷な戦を描く、注目若手作家の7番勝負!登場武将と戦:島津義弘[関ヶ原]/柴田勝政[賤ヶ岳]/馬場信春[長篠・設楽原(したらがはら)]/堀秀政[小牧・長久手]/石田三成[関ヶ原]/羽柴秀吉[金ケ崎]/高橋紹運(じょううん)[岩屋城(いわやじょう)]

1の63 一緒にいると楽しい人、疲れる人  有川 真由美 著 3巻
著者が今まで出会ってきた「一緒にいると楽しい人」の、話し方や行動の習慣、考え方のエッセンスを紹介。「一緒にいると疲れる人」にならないためのポイント、「疲れる人」への対処法も教える。

1の64 命の後で咲いた花  綾崎 隼(しゅん) 著 5巻
第一志望の教育学部に入学した榛名(はるな)なずなだったが、大学生活は苦労の連続だった。そんな日々の中、なずなは窮地を一人の男子学生に救われる。二つの夢が出会った時、一つの恋が生まれ、その未来が大きく揺れ動いていき…。

1の65 ウサギの天使が呼んでいる  青柳 碧人(あいと) 著 4巻
方々から集めたガラクタを売るショッピングサイトを経営するユリオは、お宝をゲットしに行くと、なぜか必ず事件に巻き込まれ…。何でもほしがる兄と苦労人の妹が、お宝をめぐる事件に挑む。『ミステリーズ!』掲載を文庫化。
 
1の66 「おくのほそ道」殺人事件  風野 真知雄(まちお) 著 3巻 [デイジーあり]
東京の下町・深川で身元不明の死体があいついで見つかり、殺人と断定された。捜査に当たる警視庁捜査一課の女性刑事・上田夕湖(ゆうこ)の恋人で歴史研究家の月村弘平は、事件の裏に松尾芭蕉が関係していると推理するが…。

1の67 おしゃべりな足指  小山内 美智子 著 4巻 [デイジーあり]
脳性まひという障がいを抱えながら、足指タイプライターを武器に社会運動を行い、子育てをしてきた著者が、63年の人生をユーモアを交えて振り返る。毎日のケアとヘルパーさんとの付き合い方も紹介。
 
1の68 おやつカフェでひとやすみ  瀬王 みかる 著 3巻
カフェ「たまゆら」には、見た者を幸せにする座敷わらしがいるという。借金返済のために夢を諦め結婚するという女性、離婚寸前の別居夫婦など、秘めた悩みを抱えた人々が噂を聞いてやって来て…。ほっこりあやかし物語。
 
1の69 楽譜と旅する男  芦辺 拓 著 3巻
古今東西の散逸した楽譜を探し歩く、楽譜探索人(たんさくにん)。依頼があれば、どんな譜面でも、かならず見つけ出す。それが、支配者に隠蔽されたものであっても。死者が道連れにしたものであっても…。『小説宝石』掲載を単行本化。

1の70 脊椎外科の罠  壱島(いつしま) 良男 著 3巻
手術は成功、しかし消えない腰の痛み。あの診断は正しかったのか? 真実を求め立ち上がった患者たちに、仕掛けられた数々の罠。現役整形外科医が業界の闇に切り込む、医療ヒューマン小説。

1の71 がん消滅の罠  岩木 一麻(かずま) 著 5巻 [デイジーあり]
余命半年の宣告を受けたがん患者が、生命保険の生前給付金を受け取ると、その直後、病巣がきれいに消え去ってしまう。連続して起きるがん消失事件は奇跡か、陰謀か。医師・夏目とがん研究者・羽島が謎に挑む。

1の72 聞かなかった聞かなかった  内館 牧子 著 3巻
無礼、無秩序、無責任…。日本人は〈終わった人〉と呼ばれてしまうのか? 歯に衣着せぬ物言いに、著者本人も思わず怯む、直球勝負の痛快エッセイ50編。『週刊朝日』掲載の「暖簾にひじ鉄」を文庫化。

1の73 気持ちの片づけ術  笠原 彰 著 2巻
メンタルの強い・弱いは生まれつきではありません。負の感情を小さくする技術を知っているかどうかです。誰でもできるかんたんな「行動」で、こんがらがった「感情」を整理する方法を解説します。

1の74 愚者のスプーンは曲がる  桐山 徹也 著 4巻
ある日、突然「能力を無効化」する力の持ち主だと知らされた僕。目の前では何も起こらないまま、事件に巻き込まれていき…。“自称”超能力者たちをめぐる奇妙な連続殺人事件の真相は?

1の75 「薬のやめ方」事典  浜 六郎 著 5巻 [テキストデイジーあり]
栄養は最良の薬、十分な睡眠と休養、コレステロールを気にしない、糖尿病には糖質制限食…。薬害研究の第一人者が、修復力・自然治癒力を引き出して、薬に頼らず、病気を予防し、早く回復する方法をやさしく教える。
 
1の76 後悔病棟  垣谷(かきや) 美雨 著 6巻
悩める女医ルミ子が拾ったのは、過去に戻れる聴診器。その力で“あの日”へ戻った患者達の人生は、どんな結末を迎えるのか…。患者の“心の声”が聞こえる聴診器をめぐるヒューマン・ドラマ。

1の77 荒野に立てば  北方(きたかた) 謙三 著 4巻
大仕事を終えた私に訪れたのは、次の物語をはじめる不安と、迷う自分との決別だった。人生の滋味、エッセイの醍醐味をあじわい尽くす一冊。『週刊新潮』連載に加筆し単行本化。

1の78 この食事で自律神経は整う  溝口 徹 著 2巻
自律神経を乱す大きな原因は糖質、意識的に摂りたい3つのミネラル…。栄養療法の専門医師である著者が、不安・イライラ・糖尿病などに効く、自律神経が整う新健康法を伝授する。

1の79 殺意の対談  藤崎 翔 著 6巻
人気作家・怜子と若手女優・夏希の誌上対談は、和やかに行われた。…表向きは。実は怜子も夏希も、恐ろしい犯罪者としての裏の顔を持っていて…。対談と心の声で紡がれる、究極のエンタメミステリ。

1の80 札沼線の愛と死  西村 京太郎 著 3巻
廃線の危機に揺れる北海道の小さな町に現れたのは救世主か、悪魔か?殺人現場に残された血の十字の意味とは?十津川(とつがわ)警部が住む東京・三鷹で銃殺事件が。現場の雪の上には、被害者の男が自分の血で書いたと思われる十字のマークが残されていた。さらに「殺された男は十津川警部に招待状を届けようとした」という女からの電話が。被害者は北海道新十津川町の人物と推理した十津川は現地へ飛ぶ。地元路線の廃線が取りざたされている町内では、魔法使いが出るという噂が広がり、見物人が押し寄せていたが。

19ページ
サピエ オンラインリクエスト ベスト5 全国版
次の図書は12月にサピエでオンラインリクエストされたベスト5です。

録音図書
1位 因果 [百万石の留守居役 9]  上田 秀人(ひでと)
2位 盤上の向日葵  柚月 裕子(ゆうこ)
3位 紙のピアノ  新堂 冬樹
4位 孤道 [浅見光彦シリーズ]  内田 康夫
5位 架空通貨  池井戸 潤

点字図書
1位 キミの目が覚めたなら 8年越しの花嫁  中原 尚志(ひさし) 中原 麻衣
2位 わたしを離さないで  カズオ・イシグロ  土屋 政雄[訳]
3位 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命  林 宏司[脚本] 沢村 光彦[ノベライズ]
4位 脊柱管狭窄症は自分で治せる! “腰の激痛”“足のしびれ”がみるみる改善  酒井 慎太郎
5位 ある心中の失敗  渡辺 淳一

雑誌のご案内
今月もデイジー雑誌をご紹介します。
1.母の友 774号 2017年12月号 福音館書店 4時間13分
子どもにかかわるすべての人へ。「母の友」はこれからの子育てを提案します。
○特集 園や学校,そして劇場で 劇をするのはなぜだろう?園で行う劇で,こんな話を耳にします。子どもに不人気の役を先生が演じたり,悪役を演じることになった子の保護者から「どうしてうちの子が?」と問い合わせがくるのだとか。配役を決めるのは一苦労ですし,上演までの準備もいろいろ大変です。いったいなぜ園で子どもたちは劇をするのでしょうか?また,大人も,紀元前の昔から劇場で演劇を上演してきました。劇をしたり,見たりするのはなぜなのでしょう?そんな疑問の答えを探ってみたいと思います。 

2.MOSTLY(モーストリー) CLASSIC(クラシック) 2018年1月号  産経新聞社 17時間58分 
クラシック音楽専門の月刊誌。キャッチフレーズは「クラシック音楽を極めるための月間情報誌」 クラシック音楽を「多角的」「立体的」に伝える。クラシック音楽界の話題・トレンド・マエストロのインタビューから新進演奏家の特集,名盤CD,DVD,関連書籍の紹介,公演コンサート情報まで幅広く掲載し,世界の情報を一冊に集約する。
○特集 ベートーヴェンが成し遂げたこと