ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

高知市の紹介

自然と文化豊かな24万石の城下町

                                    

高知県の県都高知市は,西方と北方に山地があり,東方には水田,南方には

太平洋に臨む,自然に恵まれた都市です。

土佐二十四万石の城下町として,高知県の政治・経済・文化の中心として発

達し,桂浜・はりまや橋・高知城・自由民権記念館・坂本龍馬記念館など,

観光の拠点ともなっています。

平成10年には四国初の中核市となり,平成17年1月に鏡村・土佐山村,

平成20年1月には春野町と合併し,中山間地域,田園地域,都市部の

バランスの取れたまちとなりました。

今後ますます県域の中核都市・交流拠点としての役割が期待されています。

高知市の概要

世帯数

153,364戸(平成28年4月1日現在)

総人口

335,115人(平成28年4月1日現在)

面積

309.00平方キロメートル

教育環境

保育園:87 幼稚園:22

小学校:42

中学校:24

高等学校:16

大学:4各種専門学校:17

医療環境

診療所・一般病院:350

救急病院:15

小児科:65

産科・婦人科:13

歯科:197

眼科:29

(平成26年3月31日現在)

情報通信

環境

 

・土佐山地区:概ね全域で携帯電話の通話が可能です。(携帯電話会社により利用可能エリアに差がありますのでご注意ください。

 インターネット接続については,一部地域ではWimax通信,Lte通信が可能なエリアがあります。詳しくは通信サービス会社のホームページにてご確認ください。なお,光ファイバー回線はほとんど整備されていませんが,土佐山夢産地パーク交流館「かわせみ」周辺では,Wi-fi対応端末が利用できる高速インターネット通信環境を整備しております。

・鏡地区:概ね全域で携帯電話の通話が可能です。(携帯電話会社により利用可能エリアに差がありますのでご注意ください。)