ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織一覧 > 資産税課 > 所有者が死亡した場合

本文

所有者が死亡した場合

 固定資産税の納税義務者は登記簿に基づきますので,法務局で名義変更(相続等)の手続きを行ってください。名義の変更は法務局から高知市(資産税課)に通知され,その登記がなされた翌年から納税義務者が変更されます。

 不動産登記に関することは,高知地方法務局までお問い合わせください。

 ただし,すみやかに登記手続きができない場合は,資産税課までお問い合わせください。

 なお,固定資産税の納税義務者が亡くなり,賦課期日(1月1日)までに登記手続きがされない場合は,相続人に固定資産税を課税することになっており,相続人が複数いる場合には,相続人全員の共有となります。この場合,各自が法定相続分の納税義務を負うものではなく,相続人全員が連帯して納税義務を負うこととなります。

 亡所有者の納税通知書を相続人の代表者へ送付する場合は,下記の送付先変更届を資産税課まで提出してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)