ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 防災政策課 > 物部川の想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域の指定について

物部川の想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域の指定について

2018年9月13日

 平成27年に「水防法」の一部が改正され、洪水予報河川と水位周知河川では、新たに想定最大規模の降雨を対象として洪水浸水想定区域の指定などが義務づけられました。 

 物部川水系物部川については、国土交通省が平成28年12月に高知市を含む想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域を指定しました。

 ※物部川洪水浸水想定区域図では、想定最大規模の降雨により河川が氾濫した場合に想定される、浸水区域、水深、浸水継続時間、家屋
  倒壊等氾濫想定区域を示すとともに、計画規模の降雨により河川が氾濫した場合に想定される、浸水区域と水深を示しています。

 平成28年度に指定された区域は下記(外部リンク)のとおりです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)