ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

永福寺

文久元年(1861)3月、井口村(現高知市井口町)永福寺門前で上士と下士の刃傷事件(井口事件)が起きた。

上士と下士との間ではこれまでも対立があったが、藩庁の裁決は何時の場合も下士に対して厳しく、彼らの憤激するところとなった。そのため下士勢力は藩の政治体制に反発し、それは更に思想上の対立に発展して行く勢いにあった。

こうしたなかで、井口事件は下士グループの新たな結束への自覚を促すこととなり、同年8月には、武市瑞山率いる土佐勤王党が結成された。

 

永福寺 

<所在地>

高知市井口町105

<交通アクセス>

はりまや橋から路面電車「いの・朝倉」方面行き乗車、「上町5丁目」下車後、徒歩約5分

地図 (黄色のピンマークの箇所)


より大きな地図で 武市瑞山ゆかりの地マップ を表示

いちおしコンテンツ

   土佐っ歩

   kochi city travel guide

   高知よさこい情報交流館

お出かけ前に

   今日と明日のお天気は by気象庁

観光ツール

   写真提供

   観光パンフレット

こちらもみてね観光リンク

   高知市観光協会

   よさこいネット

   リョーマの休日 自然&体験

   全国龍馬社中

   チームラボ高知城光の祭