「高知市」は人口30万。海、山、川にほど近く、都会と田舎、両方の魅力を持ったコンパクトシティです♪

高知市移住・定住促進室
TEL 088-823-8813(平日8:30~17:15)

Facebook Instagram

こうちらいふ

高知市への移住について

移住・定住促進室

088-823-8813

(平日8:30~17:15)

メールでのお問い合わせ

トップページ > 松木亜紀さん(第65回)

よさこい移住

松木亜紀さん(第65回)

現在のお住まい:高知市(前居住地:大阪府)

偶然見たテレビで

 田舎暮らしに憧れて、大阪から父親の郷の高知へ移住して、今年で3年目。よさこいのために移住したわけではありませんが、折角高知に住んでいて、やらないのももったいない気がして初参加を決意しました。昨年、どのチームに入ろうか考えていたところ、テレビで移住者枠の人がインタビューされているのを見て「これだ!」と思い応募しました。

よさこいがストレス解消に

 仕事の後、踊りの練習に行く1か月間。なかなかハードなように思いましたが、仕事で嫌なことがあっても、踊っている間は忘れていて、良いストレス解消になっていました。
 正調は同じフリのくり返しだし、簡単そうだとタカをくくっていましたが思ったより難しい…。フリを覚えても踊りをなかなか自分のモノにできず、結局、「本番は楽しく踊ったらいいや」と、開き直ることにしました。

もっと踊っていたい

 本番初日、初めて法被を着て人前で踊ると思うと、楽しみな反面、緊張で顔がひきつってしまいましたが、訪問先の老人ホームで嬉しそうに手拍子してくれるお年寄りの方々の顔を見ると、こちらも嬉しくなりました。
 朝から晩まで踊っては移動で、最後の方は足が限界でしたが、本番2日目の最後、追手筋本部競演場で終わりが近づいた時、「もっと踊っていたい!」という感情に襲われました。

  • 高知市に住んでみる
  • 高知市の移住キーワード
  • 移住者インタビュー
  • 中山間地域暮らし体験滞在施設のご案内
  • 高知市中山間地域空き家情報バンク制度
  • 暮らすに「ぼっちり」高知市ガイドツアー
  • よさこい移住プロジェクト