「高知市」は人口30万。海、山、川にほど近く、都会と田舎、両方の魅力を持ったコンパクトシティです♪

高知市移住・定住促進室
TEL 088-823-8813(平日8:30~17:15)

Facebook Instagram

こうちらいふ

高知市への移住について

移住・定住促進室

088-823-8813

(平日8:30~17:15)

メールでのお問い合わせ

トップページ > オウェン・ウェイドさん(競演場スタッフ)

よさこい移住

オウェン・ウェイドさん(競演場スタッフ)

よさこいで、商店街振興組合で、
私は外国人ではなく、高知人です。

人にすごく優しい商店街。

 アメリカ・ニュージャージー州出身のオウェン・ウェイドさんは、20代半ばで外国語指導助手として高知へ。赴任する前は、ポーカーフェイスで建前ばかりという日本人に対する先入観があり、「友達にはなれない、1~2年で帰るだろう」と思っていた。しかし職場の歓迎会や、居酒屋で気軽にお客さんと友達になるなど、「人がすごく優しいし、すぐに友達になれます。そして住みやすい。家も、英会話教室も中万々にあり、家から職場まで歩いて行けます。すぐ隣にはスーパーがあり、夜は居酒屋もあります。特に8月はすごくラッキーで、私はいつでも商店街に行ってよさこいを見られます」とオウェンさん。10年以上ここで暮らし、日常生活ではバイクや自転車で十分だという。

これからも、ずっとよさこいに関わる。

 オウェンさんは2013年から万々商店街のよさこいスタッフとなり、「万々競演場」で、商店街の人たちと一緒にバスの誘導をするなど、よさこいに関わる。こんな有名なイベントに参加できて、すごく面白いし、ラッキーだったという。
 「アメリカのドーナツ化現象(中心商店地の人口が減少し、郊外の人口が増加する現象)に興味があり、その解決策の一つがよさこいではないかと思っているくらいです。それに商店街振興組合で私は外国人ではなく、高知人です。最近は日曜日に商店街を散歩していると、色々な方と『おはようございます。いい天気ですね』と挨拶します。まるで昔のテレビドラマみたいですね(笑)」。
 これからもずっとよさこいに関わるというオウェンさん。今年もバス誘導の手伝いや、地方車に乗るかもと話す。ご自身の英会話教室と、今年から奥さんが商店街でお店を営業するなど、例年以上に忙しく熱い夏になりそうだ。

よさこい移住のQ&A

Q. 外国の方にとって高知は暮らしやすいですか。

A. 県外の英語の先生はみんな、ほとんど1年か2年くらいで帰ります。だけど高知の先生は、そのまま住んでいる人が多いです。

Q. それはどうしてですか。

A. 具体的なことは分からない、住みやすいからとしかいえない(笑)。

Q. 人を受け入れる風土がある?

A. 1年くらい前、商店街の喫茶店でランチを食べていた時、マスターとは仲が良いけど、普段はあまり話をしないんです。でも彼が突然電話持ってきて「電話」っていった。「誰ですか?」、「郵便局の人」。誰かがそこにいることを教えたみたいです。すごいです(笑)。

オウェン・ウェイドさんのプロフィール

アメリカ・ニュージャージー州出身。
高知市中万々に住んで10年以上がたつ。
1年前に高知の女性と結婚。
今年も万々商店街でよさこいのスタッフに。

  • 高知市に住んでみる
  • 高知市の移住キーワード
  • 移住者インタビュー
  • 中山間地域暮らし体験滞在施設のご案内
  • 高知市中山間地域空き家情報バンク制度
  • 暮らすに「ぼっちり」高知市ガイドツアー
  • よさこい移住プロジェクト